(しもてるひめのみこと)
社伝によれば、540年に下照比売命がこの地に
降臨し、それを祀ったのが起源とされています。

天平3年(731)、橘一族の氏神として、橘諸兄に
よって創建された神社。

明治時代井手に鎮座する氏神が統合され、
現在は6神が合祀されています。

貞享4年(1687)に再建された本殿は、
京都府登録文化財の一つです。





写真右、台座に神域守護の「神馬像」が
飾られています。 この馬は二代目で、
初代は大東亜戦争時、物資統制令で
徴用されました。


紅葉の季節になると、この周囲の葉は、金色に
輝いて、絶好の撮影スポットになります。