玉津岡神社から、左馬ふれあい
公園への道すがら
右手方向に怪しげな看板が2枚
かろうじて人の通れる隙間は開
いています

どちらに行くのでしょうか?
とりあえず正面の道を下って行く
と右手方向を示す看板があります
(草に埋もれています)
私が、小学生の時ここは砕石場
から出た石を分類していた
場所だったと思います。
どこかの秘密基地の入り口
みたいで少しわくわく・・・

しばらく進むと、なにやら右手の
方にまた看板があります

この石の裏側にあるようです

左下に石仏が彫ってあります
作者が誰でいつ頃に作られた
かは分かっていません
ただ、弥勒石仏と同じような感じ
がするので同時期に彫られた
ものではないでしょうか?